« 【表現026】〜(し)てあげました | トップページ | 【表現028】〜で »

2016年7月12日 (火)

【表現027】お〜ください、〜(し)てください

[構文]ー세요/으세요 
[解説]
動詞の語幹に「ー세요」「ー으세요」をつけると、「お〜ください、〜(し)てください」という、丁寧な命令や提案を表す表現になります。
「ー세요/으세요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + 세요
내리다 降りる   내리 + 세요 → 내리세요. 降りてください。
 
⚫️パッチム有り + 으세요
읏다 笑う 읏 + 으세요 → 웃으세요. 笑ってください。

⚫️ㄹパッチム(ㄹは脱落) + 세요
밀다 押す 미 + 세요 → 미세요. 押してください。

丁寧な命令の表現「ー세요/으세요」は、尊敬の表現「ー세요/으세요(お〜になります、お〜です)」と同じ形です。文脈で意味を判断しましょう。

저기에서 버스를 타세요. (丁寧な命令)
あそこでバスに乗ってくがさい。
사장님은 언제나 버스를 타세요. (尊敬)
社長はいつもバスにお乗りになります。

« 【表現026】〜(し)てあげました | トップページ | 【表現028】〜で »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/63905331

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現027】お〜ください、〜(し)てください:

« 【表現026】〜(し)てあげました | トップページ | 【表現028】〜で »