« 【表現039】〜である〜、〜でない〜 | トップページ | 【表現041】〜番 »

2016年7月20日 (水)

【表現040】漢数詞

[解説]
ハングルの数詞は、漢字に由来する「漢数詞」と、ハングル固有の「固有数詞」の2種類があります。漢数詞は日本語の「いち、に、さん」にあたる数詞で、番号や金額、年月日、時刻(〜分)などに用いられます。
[例文]
一 일  十一 십일[시빌]
二 이  十二 십이[시비]
三 삼  十三 십삼[십쌈]
四 사  十四 십사[십싸]
五 오  十五 십오[시보]
六 육  十六 십육[심뉵]
七 칠  十七 십칠
八 팔  十八 십팔
九 구  十九 십구[십꾸]
十 십  二十 이십
0は、「영(零)」と「공(空)」の2つの読み方があります。
日本語の「零」にあたるのが「영」、電話番号などの場合は「공」を用います。

« 【表現039】〜である〜、〜でない〜 | トップページ | 【表現041】〜番 »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/63940365

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現040】漢数詞:

« 【表現039】〜である〜、〜でない〜 | トップページ | 【表現041】〜番 »