« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

【表現061】〜ではありません(합니다体)

[構文] ー가/이 아닙니다
[解説]
名詞に「ー가 아닙니다」「이 아닙니다」をつけると「〜ではありません」という否定の表現になります。「ー가/이 아닙니다」のいずれをつけるかのカギは、名詞の最後にパッチムが有るか無いかです。
「ー가/이 아니에요(〜ではありません)」より、かしこまった言い方の「합니다体」です。
⚫️文末の「다」を「까」に変えて「?」をつけると疑問形になります。
[例文]
⚫️パッチム無し + 가 아닙니다([아님니다]と発音)
교과서가 아닙니다. 教科書ではありません。
⚫️パッチム有り + 이 아닙니다
영업시간이 아닙니다. 営業時間ではありません。

2016年9月28日 (水)

【表現060】〜です(합니다体)

[構文]ー입니다
[解説]
名詞に「ー입니다」をつけると「〜です」という表現になります。名詞の最後のパッチムの有無に関係なく同じ形です。「ー예요/이에요(〜です)」より、かしこまった言い方の「합니다体」の表現です。
⚫️文末の「다」を「까」に変えて「?」をつけると疑問形になります。

[例文]
名詞 + 입니다([임니다]と発音)
입국 신고서입니다. 入国カードです。
도자기 매장이 어디입니까? 陶磁器売り場はどこですか。

2016年9月15日 (木)

【表現059】〜(し)に

[構文]ー러/으러
[解説]
動詞の語幹に「ー러」「ー으러」をつけると、「〜(し)に」という動作の目的を表します。
「ー러/으러」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
語幹の最後がㄹパッチムの場合は「ー러」をつけます。
「ー러/으러」のあとには通常「가다(行く)」「오다(来る)」が続きます。
[例文]
⚫️パッチム無し + 러
하다 する     매일 운동을 하러 가요. 毎日運動をしに行きます。

⚫️パッチム有り + 으러
찾다 引き出す  돈을 찾으러 은행에 가요. お金を引き出しに銀行へ行きます。

⚫️ㄹパッチム + 러
놀다 遊ぶ    우리 집에 놀러 오세요. 我が家に遊びに来てください。

【表現058】固有数詞につく助数詞

〜回 ー 번 〜か月 ー 달 〜杯 ー 잔
〜名 ー 면 〜枚 ー 장 〜匹、〜羽 ー 마리
[例文]
⚫️回数を数える「ー 번(〜回)」
1回  한 번   2回  두 번   3回  세번
5回  다섯 번  10回 열 번   14回 열네 번
⚫️人数を数える「ー명(〜名)」
1名  한 명   2名  두 명   4名  네 명
6名  다섯 명  17名 열일곱 명 30名 서른 명

*固有数詞につく助数詞の場合でも、数が多くなると
 漢数詞を用いることもあります。

  30名 서른 명/삼십 명

2016年9月13日 (火)

【表現057】年齢の尋ね方

나이가 어떻게 되세요? 年はおいくつですか
          (←年はどのようになられますか)。
무슨 띠세요?     何年でいらっしゃいますか
          (←何の干支でいらっしゃいますか)。

年齢の代わりに干支で言う場合も多いので、参考までに覚えておきましょう。十二支の動物の名前に「ー띠(干支の年)」をつけて言います。

쥐 ねずみ   소 牛    호랑이 虎
토끼 うさぎ  용 竜    뱀 蛇
말 馬     양 羊    원숭이 猿
닭 鶏     개 犬    돼지 豚*
             *亥(猪)年は豚年と言います。

【表現056】年齢の言い方

年齢の言い方は、固有数詞に「ー살(〜歳)」をつけます。
固有数詞だけで年齢を言うこともあります。
[例文]
7歳   일곱 살   29歳  스물아홉 살
52歳  숸두 살   73歳  일흔세 살

2016年9月11日 (日)

【表現055】20以上の固有数詞

固有数詞は、1から99まで存在し、10の位の呼び方があります。
[例文]
1 하나  10  열
2 둘   20  수물
3 셋   30  서른
4 넷   40  마흔
5 다섯  50  숸
6 여섯  60  예순
7 일곱  70  일흔
8 여덟  80  여든
9 아홉  90  아흔

21 수물하나  45 마흔다섯
64 예순넷   99 아흔아홉

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »