« 【表現083】時や程度を表す副詞 | トップページ | 【表現085】〜(し)てみました、〜(し)たことがあります »

2017年1月20日 (金)

【表現084】〜(し)てみてください

[構文] ー아/어 보세요
[解説]
動詞の語幹に「ー아 보세요」「ー어 보세요」をつけると、「〜(し)てみてください」という、試してみることを提案する表現になります。
「 ー아/어 보세요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
「하다」で終わる動詞は「해 보세요」になります。
[例文]
⚫️[ㅏ,ㅗ(陽母音)]+ 아 보세요
안다 抱く  아기를 안아 보세요. 赤ちゃんを抱いてみてください。
⚫️[ㅏ,ㅗ以外(陰母音)]+ 어 보세요
입다 着る  다른 색 코트를 입어 보세요. ほかの色のコートを着てみてください。
⚫️하다 → 해 보세요
발음하다 発音する 다시 한 번 발음해 보세요. もう一度発音してみてください。

« 【表現083】時や程度を表す副詞 | トップページ | 【表現085】〜(し)てみました、〜(し)たことがあります »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/64785679

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現084】〜(し)てみてください:

« 【表現083】時や程度を表す副詞 | トップページ | 【表現085】〜(し)てみました、〜(し)たことがあります »