« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

【表現089】〜けれど、〜が

[構文] ー지만
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー지만」をつけると、「〜けれど、〜が」という、逆説や対立していることを表す表現になります。
語幹にそのまま「ー지만」をつけます。
[例文]
마시다 飲む   맥주는 마시지만 다른 술은 못 마셔요. ビールは飲むけれど、ほかの酒は飲めません。
어렵다 難しい  외국어 공부는 어렵지만 재미있죠? 外国語の勉強は難しいけれど、面白いでしょう?

【表現090】〜が下手だ、〜ができない

[構文] ー를/을 못하다
[解説]
助詞は「ー를/을(〜を)」を用いることに注意しましょう。
[例文]
노래를 못해요.    歌が下手です。
운전을 못해요.    運転ができません。

2017年1月25日 (水)

【表現088】さほど、あまり

[構文] 별로
[解説]
後ろに否定の表現が用いられます。
[例文]
별로 바쁘지 않아요.     さほど忙しくありません。
시간이 별로 없어요.      時間があまりありません。
빵은 별로 좋아하지 않아요.   パンはあまり好きではありません。

【表現087】あまり(にも)、とても、〜すぎる

[構文] 너무
[例文]
너무 긴장하지 마세요.   あまり緊張しないでください。
국이 너무 짜요.      スープがとても塩辛いです。
양이 나무 많이요.     量が多すぎます。

2017年1月20日 (金)

【表現085】〜(し)てみました、〜(し)たことがあります

[構文] ー아/어 봤어요
[解説]
動詞の語幹に「ー아 봤어요」「ー어 봤어요」をつけると、「〜(し)てみました、〜(し)たことがあります」という、試したことや経験したことを表す表現になります。
「 ー아/어 봤어요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
⚫️「?」をつけてイントネーションを上げると、疑問形になります。
[例文]
읽다 読む     빌린 책을 읽어 봤어요. 借りた本を読んでみました。
의논하다 相談する 산사한테 의논해 뵀어요? 上司に相談してみましたか?
가다 行く     한국에 두 번 가 봤어요. 韓国へ2回行ったことがあります。
먹다 食べる    삼계탄을 먹어 뵀어요? サムゲタンを食べたことがありますか。

【表現084】〜(し)てみてください

[構文] ー아/어 보세요
[解説]
動詞の語幹に「ー아 보세요」「ー어 보세요」をつけると、「〜(し)てみてください」という、試してみることを提案する表現になります。
「 ー아/어 보세요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
「하다」で終わる動詞は「해 보세요」になります。
[例文]
⚫️[ㅏ,ㅗ(陽母音)]+ 아 보세요
안다 抱く  아기를 안아 보세요. 赤ちゃんを抱いてみてください。
⚫️[ㅏ,ㅗ以外(陰母音)]+ 어 보세요
입다 着る  다른 색 코트를 입어 보세요. ほかの色のコートを着てみてください。
⚫️하다 → 해 보세요
발음하다 発音する 다시 한 번 발음해 보세요. もう一度発音してみてください。

2017年1月19日 (木)

【表現083】時や程度を表す副詞

[例文]
빨리 速く、早く 빨리 찾아 주세요. 早く探してください。
천천히 ゆっくり 천천히 말씀해 주세요. ゆっくりおっしゃってください。
아까 さっき   아까 만났어요. さっき会いました。
아직 まだ    아직 안 왔어요. まだ来ていません。(←来ませんでした)
먼저 先に    먼저 드세요. 先に召し上がってください。
나중에 あとで  나중에 알았어요. あとで知りました。
자주 よく、度々 자주 오는 가게예요. よく来る店です。
가끔 たまに   가끔 연락해요. たまに連絡します。

【表現082】 〜ので、〜(だ)から

[構文] ー니까/으니까
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー니까」「으니까」をつけると、「〜ので、〜(だ)から」という、原因や根拠を表す表現になります。
前の内容が後ろの内容の原因や根拠になることを表します。後ろに勧誘や命令の表現が続くことが多いです。
「ー니까/으니까」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + 니까
바쁘다 忙しい 오늘은 바쁘니까 내일 만나요. 今日は忙しいから明日会いましょう。
⚫️パッチム有り + 으니까
적다 少ない  양이 적으니까 더 시킬까요? 量が少ないのでもっと注文しましょうか。
⚫️ㄹパッチム(ㄹは脱落) + 니까
알다 知る   길을 아니까 갈 수 있어요. 道を知っているから行くことができます。

2017年1月14日 (土)

【表現081】〜でも

[構文] ー나/이나
[解説]
それほど満足ではないけれど選択するという意味合いを持っている、「〜でも」にあたる助詞です。
名詞の最後にパッチムが無いときは「ー나」、パッチムが有るときは「ー이나」をつけます。
[例文]
차나 한잔할까요? お茶でも一杯飲みましょうか。
밥이 없어요. 라면이나 먹을까요? ごはんがありません。ラーメンでも食べましょうか。

「ー나/이나」は、一部の疑問視について「〜でも、〜も」という意味を表します。

언제 いつ 저 사람은 언제나 읏는 얼굴이에요. あの人はいつも笑顔です。
어디 どこ 오늘은 어디나 붐빌 거예요. 今日はどこも混むと思います。
누구 誰  누구나 참가할 수 있어요. 誰でも参加することができます。
무엇 何  무엇이나 처음이 중요해요. 何でも始めが肝心(←重要)です。

2017年1月10日 (火)

【表現080】〜(し)ましょうか

[構文] ーㄹ까요?/을까요?
[解説]
動詞の語幹に「ーㄹ까요?」「ー을까요?」をつけると、「〜(し)ましょうか」という、相手の意向を尋ねたり、相手に提案したりすることを表す表現になります。
「ーㄹ까요?/을까요?」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + ㄹ까요?
가다 行く  같이 갈까요? 一緒に行きましょうか?
⚫️パッチム有り + 을까요?
먹다 食べる 뭘 먹을까요? 何を食べましょうか。
⚫️ㄹパッチム(ㄹは脱落) + ㄹ까요?
걸다 かける 몇 시에 전화를 걸까요? 何時に電話をかけましょうか。

2017年1月 8日 (日)

【表現079】〜(する)ことができません

[構文] ーㄹ/을 수 없어요
[解説]
「ーㄹ/을 수 있어요」の「있어요(あります)」を「없어요(ありません)」に替えて「ーㄹ/을 수 없어요」にすると、「〜(する)ことができません」という、不可能を表す表現になります。
⚫️「?」をつけてイントネーションを上げると、疑問形になります。
[例文]
읽다 読む 이 한자는 읽을 수 없어요. この漢字は読むことができません。
놀다 遊ぶ 시험이 있어서 놀 수 없어요. 試験があって遊ぶことができません。
쉬다 休む 일요일에도 쉴 수 없어요? 日曜日にも休むことができませんか?

2017年1月 6日 (金)

【表現078】〜(する)ことができます

[構文] ーㄹ/을 수 있어요
[解説]
動詞の語幹に「ㄹ 수 있어요」「을 수 있어요」をつけると、「〜(する)ことができます」という、可能を表す表現になります。
「ーㄹ/을 수 있어요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
⚫️「?」をつけてイントネーションを上げると、疑問形になります。
[例文]
⚫️パッチム無し + ㄹ 수 있어요
기르다 飼う 애완동물을 기를 수 있어요. ペットを飼うことができます。
⚫️パッチム有り + 을 수 있어요
먹다 食べる 낫토를 멋을 수 있어요. 納豆を食べることができます。
⚫️ㄹパッチム(ㄹは脱落) + ㄹ 수 있어요
돌다 曲がる 왼쪽으로 돌 수 있어요. 左に曲がることができます。

2017年1月 5日 (木)

【表現077】〜(し)て、〜くて

[構文] ー아서/어서
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー아서/어서」をつけると、「〜(し)て、〜くて」という、理由や根拠、または時間的な順序を表す表現になります。
「ー아서/어서」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
[例文]
⚫️[ㅏ,ㅗ(陽母音)]+ 아서
좁다 狭い 좁 + 아서 → 좁아서 狭くて

⚫️[ㅏ,ㅗ以外(陰母音)]+ 어서
멀다 遠い 멀 + 어서 → 멀어서 遠くて

●하다 → 해서
따뜻하다 暖かい → 따뜻해서 暖かくて

●理由の表現
前の内容が後ろの内容の理由や根拠になることを表します。
늦다 遅れる 늦어서 미안합니다. 遅れてすみません。

●時間的な順序の表現
動詞の語幹について、行動の順序を表し、前の行動は後ろの行動の前提となります。
가다 行く  한국에 가서 뮤지컬을 봤어요. 韓国へ行ってミュージカルを見ました。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »