« 【表現091】〜が上手だ | トップページ | 【表現093】お〜になったら、お〜だったら »

2017年2月 2日 (木)

【表現092】〜(し)たら、〜だったら

[構文] ー면/으면
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー면」「ー으면」をつけると、「〜(し)たら、〜だったら、〜(する)と」という仮定や条件を表す表現になります。
「ー면/으면」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + 면
오다 降る   비가 오면 안 갈 거예요. 雨が降ったら、行かないつもりです。
⚫️パッチム有り + 으면
있다 ある   시간이 있으면 가 보세요. 時間があったら行ってみてください。
●ㄹパッチム + 면
알다 知る、知っている 주소를 알면 가르쳐 주세요. 住所を知っていたら教えてください。

« 【表現091】〜が上手だ | トップページ | 【表現093】お〜になったら、お〜だったら »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/64842007

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現092】〜(し)たら、〜だったら:

« 【表現091】〜が上手だ | トップページ | 【表現093】お〜になったら、お〜だったら »