« 【表現097】〜(し)てはいけません | トップページ | 【表現100】〜しか »

2017年3月 2日 (木)

【表現099】〜(し)なければなりません

[構文] ー아야/어야 돼요
[解説]
動詞の語幹に「ー아야 돼요」「ー어야 돼요」をつけると、「〜(し)なければなりません」という、義務やなすべきことを表す表現になります。
「 ー아야/어야 돼요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の語幹です。
⚫️「?」をつけて、イントネーションを上げると疑問形になります。
[例文]
⚫️[ㅏ,ㅗ(陽母音)]+ 아야 돼요
찾다 引き出す   은행에서 돈을 찾아야 돼요. 銀行でお金を引き出さなければなりません。
⚫️[ㅏ,ㅗ以外(陰母音)]+ 어야 돼요
풀다 解く     오해는 바로 풀어야 되요. 誤解はすぐ解かなければなりません。
⚫️하다 → 해야 돼요
제출하다 提出する 서류는 언제까지 제출해야 되요? 書類はいつまでに提出しなければなりませんか?

« 【表現097】〜(し)てはいけません | トップページ | 【表現100】〜しか »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/64960872

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現099】〜(し)なければなりません:

« 【表現097】〜(し)てはいけません | トップページ | 【表現100】〜しか »