« 【表現105】〜のような〜、〜みたいな〜 | トップページ | 【表現107】〜(し)ようと思います »

2017年3月23日 (木)

【表現106】〜(し)ようと(思って)

[構文] ー려고/으려고
[解説]
動詞の語幹に「ー려고」「ー으려고」をつけると、「〜(し)ようと(思って)」という、主語の意図を表す表現になります。前の行動をするために、後ろの行動をすることを表します。
「ー려고/으려고」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + 려고
주다 あげる 남편에게 주려고 장갑을 짜고 있어요. 夫にあげようと手袋を編んでいます。
⚫️パッチム有り + 으려고
입다 着る  졸업식에 입으려고 옷을 빌렸어요. 卒業式に着ようと思って服を借りました。
⚫️ㄹパッチム + 려고
만들다 作る 김밥을 만들려고 재료를 준비해요. のり巻きを作ろうと準備します。

« 【表現105】〜のような〜、〜みたいな〜 | トップページ | 【表現107】〜(し)ようと思います »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65055422

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現106】〜(し)ようと(思って):

« 【表現105】〜のような〜、〜みたいな〜 | トップページ | 【表現107】〜(し)ようと思います »