« 【表現115】〜(する)のが | トップページ | 【表現117】〜のために »

2017年4月 3日 (月)

【表現116】〜(する)ために

[構文] ー기 위해서
[解説]
動詞などの語幹に「ー기 위해서」をつけると、「〜(する)ために」という、行動の、目的を表す表現になります。
語幹にそのまま「ー기 위해서」をつけます。
[例文]
語幹 + 기 위해서
배우다 習う  재즈 댄스를 배우기 위해서 미국에 가요. ジャズダンスを習うためにアメリカに行きます。
잡다 捕らえる 범인을 잡기 위해서 감시하고 있는 것 같아요. 犯人を捕らえるために監視しているようです。
알다 知る   역사를 알기 위해서 사극을 봐요. 歴史を知るために時代劇を見ます。

« 【表現115】〜(する)のが | トップページ | 【表現117】〜のために »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65104255

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現116】〜(する)ために:

« 【表現115】〜(する)のが | トップページ | 【表現117】〜のために »