« 【表現123】〜すると | トップページ | 【表現125】〜いと、〜だと »

2017年4月13日 (木)

【表現124】 〜い、〜である(한다体)

[構文]ー다
[解説]
形容詞・存在詞・指定詞の語幹に「ー다」をつけると、「〜い、〜である」という「한다体」の表現になります。話しことばで使われた場合は、目下の人や同年輩の親しい人に対しての、ぞんざいな言い方になります。
形容詞・存在詞・指定詞の「한다体」は、語幹にそのまま「ー다」をつけます。つまり、基本形と同じ形です。
[例文]
語幹 + 다
행복하다 幸せだ     현실에 만족하는 사람은 행복하다. 現実に満足する人は幸せである。
싸다 安い       이 가게 정말 싸다! この店、本当に安い(な)!
있다 ある       이 화랑은 미술 애호가에게 인기가 있다. この画廊は美術愛好家に人気がある。
ー이 아니다 〜ではない 이런 사고는 이번이 처음이 아니다. こんな事故は今回が初めてではない。

« 【表現123】〜すると | トップページ | 【表現125】〜いと、〜だと »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65144299

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現124】 〜い、〜である(한다体):

« 【表現123】〜すると | トップページ | 【表現125】〜いと、〜だと »