« 【表現127】〜したと、〜だったと | トップページ | 【表現129】〜のように »

2017年4月21日 (金)

【表現128】〜く、〜に

[構文]ー게
[解説]
形容詞などの語幹に「ー게」をつけると、「〜く、〜に」という、後ろの行動の程度や仕方を表す表現になります。形容詞などを副詞化する語尾です。
語幹にそのまま「ー게」をつけます。
[例文]
語幹 + 게
예쁘다 きれいだ    선물이니까 예쁘게 포장해 주세요. プレゼントなので、きれいに包装してください。
밝다 明るい      안이 좀 어두운데 밝게 할까요? 中が少し暗いですが、明るくしましょうか。
맛있다 おいしい    손님, 맛있게 드세요. お客様、おいしく召し上がってください。
짜다/짧다 塩辛い/短い 음식은 짜지 않게! 인생은 짧지 않게!
           食べ物は塩辛くなく! 人生は短くなく!

« 【表現127】〜したと、〜だったと | トップページ | 【表現129】〜のように »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65178263

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現128】〜く、〜に:

« 【表現127】〜したと、〜だったと | トップページ | 【表現129】〜のように »