« 【表現129】〜のように | トップページ | 【表現131】〜(する)んですね、〜なんですね »

2017年4月26日 (水)

【表現130】〜(し)ながら

[構文]ー면서/으면서
[解説]
動詞の語幹に「ー면서」「ー으면서」をつけると、「〜(し)ながら」という、2つ以上の動作が同時に行われていることを表す表現になります。
「ー면서/으면서」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後のパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + 면서
부르다 歌う 콧노래를 부르면서 집안일을 해요. 鼻歌を歌いながら家事をします。
⚫️パッチム有り + 으면서
웃다 笑う  혼자 웃으면서 걸을 때가 있어요. ひとりで笑いながら歩くときがあります。
⚫️ㄹパッチム + 면서
울다 泣く  누나가 울면서 드라마를 보고 있어요. お姉さんが泣きながらドラマを見ています。

« 【表現129】〜のように | トップページ | 【表現131】〜(する)んですね、〜なんですね »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65199093

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現130】〜(し)ながら:

« 【表現129】〜のように | トップページ | 【表現131】〜(する)んですね、〜なんですね »