« 【表現130】〜(し)ながら | トップページ | 【表現132】〜(つもり)だから、〜(だろう)から »

2017年4月27日 (木)

【表現131】〜(する)んですね、〜なんですね

[構文]ー는군요/군요
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー는군요」「ー군요」をつけると、「〜(する)んですね、〜なんですね」という、初めて気づいたことに対する感嘆を表す表現になります。
[例文]
⚫️動詞の語幹 + 는군요[는구뇨/는군뇨]
좋아하다 好きだ  매운 음식을 좋아하는군요. 辛い食べ物が好きなんですね。
읽다 読む     소설을 많이 읽는군요. 小説をたくさん読むんですね。
⚫️形容詞・指定詞・存在詞の語幹 + 군요[구뇨/군뇨]
복잡하다 複雑だ  사건이 매우 복잡하군요. 事件がとても複雑なんですね。
ー이다 〜である  저분이 형 이군요. あの方がお兄さんなんですね。
없다 いない    이 강에는 물고기가 없군요. この川には魚がいないんですね。

« 【表現130】〜(し)ながら | トップページ | 【表現132】〜(つもり)だから、〜(だろう)から »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65203470

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現131】〜(する)んですね、〜なんですね:

« 【表現130】〜(し)ながら | トップページ | 【表現132】〜(つもり)だから、〜(だろう)から »