« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

【表現133】〜(する)んです(よ)、〜なんです(よ)

[構文]ー거든요
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー거든요」をつけると、前提や理由を明らかにすることを表す「〜(する)んです(よ)、〜なんです(よ)」という表現になります。語幹にそのまま「ー거든요」をつけます。
[例文]
語幹 + 거든요
오다 来る    음식을 많이 만들었어요. 친구들이 놀러 오거든요. 料理をたくさん作りました。友だちが遊びに来るんですよ。
ー이다 〜である 집에서 공부해야 돼요. 내일이 시험이거든요. 家で勉強しなければなりません。明日が試験なんですよ。
없다 ない    시간이 없거든요. 그러니까 좀 빨리 오세요. 時間がないんです。ですから、ちょっと早く来てください。

2017年4月28日 (金)

【表現132】〜(つもり)だから、〜(だろう)から

[構文] ーㄹ/을 테니까
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ーㄹ 테니까」「ー을 테니까」をつけると、「〜(つもり)だから、〜(だろう)から」という、話し手の意志や推測を表す表現になります。前の内容が後ろの内容の理由や条件であることを表します。
「ーㄹ/을 테니까」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + ㄹ 테니까
바쁘다 忙しい 바쁠 테니까 내가 대신 할게요. 忙しいだろうから、私が代わりにしますね。
⚫️パッチム有り + 을 테니까
읽다 読む   천천히 읽을 테니까 잘 들어 보세요. ゆっくり読むから、よく聞いてみてください。
⚫️ㄹパッチム(ㄹは脱落) + ㄹ 테니까
만들다 作る  내가 만들 테니까 재료를 준비해 주세요. 私が作るから、材料を準備してください。

2017年4月27日 (木)

【表現131】〜(する)んですね、〜なんですね

[構文]ー는군요/군요
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー는군요」「ー군요」をつけると、「〜(する)んですね、〜なんですね」という、初めて気づいたことに対する感嘆を表す表現になります。
[例文]
⚫️動詞の語幹 + 는군요[는구뇨/는군뇨]
좋아하다 好きだ  매운 음식을 좋아하는군요. 辛い食べ物が好きなんですね。
읽다 読む     소설을 많이 읽는군요. 小説をたくさん読むんですね。
⚫️形容詞・指定詞・存在詞の語幹 + 군요[구뇨/군뇨]
복잡하다 複雑だ  사건이 매우 복잡하군요. 事件がとても複雑なんですね。
ー이다 〜である  저분이 형 이군요. あの方がお兄さんなんですね。
없다 いない    이 강에는 물고기가 없군요. この川には魚がいないんですね。

2017年4月26日 (水)

【表現130】〜(し)ながら

[構文]ー면서/으면서
[解説]
動詞の語幹に「ー면서」「ー으면서」をつけると、「〜(し)ながら」という、2つ以上の動作が同時に行われていることを表す表現になります。
「ー면서/으면서」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後のパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + 면서
부르다 歌う 콧노래를 부르면서 집안일을 해요. 鼻歌を歌いながら家事をします。
⚫️パッチム有り + 으면서
웃다 笑う  혼자 웃으면서 걸을 때가 있어요. ひとりで笑いながら歩くときがあります。
⚫️ㄹパッチム + 면서
울다 泣く  누나가 울면서 드라마를 보고 있어요. お姉さんが泣きながらドラマを見ています。

2017年4月21日 (金)

【表現129】〜のように

[構文]ー처럼
[解説]
「ー처럼」は「〜のように」にあたる、比較や比喩を表す助詞です。
[例文]
가수처럼 노래를 잘해요.   歌手のように歌がうまいです。
세월이 화살처럼 지나가네요.  歳月が矢のように過ぎますね。
그 선생님처럼 되고 싶어요.  その先生のようになりたいです。
어린아이처럼 순수해요.   子どものように純粋です。

【表現128】〜く、〜に

[構文]ー게
[解説]
形容詞などの語幹に「ー게」をつけると、「〜く、〜に」という、後ろの行動の程度や仕方を表す表現になります。形容詞などを副詞化する語尾です。
語幹にそのまま「ー게」をつけます。
[例文]
語幹 + 게
예쁘다 きれいだ    선물이니까 예쁘게 포장해 주세요. プレゼントなので、きれいに包装してください。
밝다 明るい      안이 좀 어두운데 밝게 할까요? 中が少し暗いですが、明るくしましょうか。
맛있다 おいしい    손님, 맛있게 드세요. お客様、おいしく召し上がってください。
짜다/짧다 塩辛い/短い 음식은 짜지 않게! 인생은 짧지 않게!
           食べ物は塩辛くなく! 人生は短くなく!

2017年4月18日 (火)

【表現127】〜したと、〜だったと

[構文]ー았다고/었다고
[解説]
「ー았다/었다」に「ー고(〜と)」をつけた「ー았다고/었다고」は、「〜したと、〜だったと」という、引用を表す表現になります。
[例文]
오다 来る     연극을 공부하러 일본에 왔다고 해요. 演劇を勉強しに日本に来たといいます。
그만두다 辞める  개인 사정으로 회사를 그만두었다고 해요. 個人の事情で会社を辞めたといいます。
감소하다 減少する 정부는 출생룰이 감소했다고 발표했다. 政府は出生率が減少したと発表した。

2017年4月17日 (月)

【表現126】〜した、〜だった(한다体)

[構文]ー았다/었다
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー았다」「ー었다」をつけると、「〜した、〜だった」という、過去を表す「한다体」になります。
「ー았다/었다」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
[例文]
⚫️[ㅏ,ㅗ(陽母音)]+ 았다
늘어나다 増える  경기가 회복돼 개인 소비가 늘어났다. 景気が回復し、個人消費が増えた。
⚫️[ㅏ,ㅗ以外(陰母音)]+었다
빠지다 落ちる   그녀를 처음 본 순간 사랑에 빠졌다. 彼女を初めて見た瞬間、恋に落ちた。
⚫️하다 → 했다
주장하다 主張する 참가자들은 서로 반대 의견을 주장했다. 参加者たちは互いに反対の意見を主張した。

2017年4月14日 (金)

【表現125】〜いと、〜だと

[構文] ー다고
[解説]
「ー다」に「ー고(〜と)」をつけた「ー다고」は、「〜いと、〜だと」という、引用の表現になります。ただし、指定詞の場合は「ー라고」になります。
[例文]
중요하다 重要だ  병은 예방이 중요하다고 생각해요. 病気は予防が重要だと思います。
재미있다 面白い  오늘 개봉하는 영화는 재미있다고 해요. 今日公開する映画は面白いといいます。
             개봉하다:公開する、封切る
ー이다 〜である  스시를 한국말로 초밥이라고 해요? すしをハングル(韓国語)でチョバプといいますか。

2017年4月13日 (木)

【表現124】 〜い、〜である(한다体)

[構文]ー다
[解説]
形容詞・存在詞・指定詞の語幹に「ー다」をつけると、「〜い、〜である」という「한다体」の表現になります。話しことばで使われた場合は、目下の人や同年輩の親しい人に対しての、ぞんざいな言い方になります。
形容詞・存在詞・指定詞の「한다体」は、語幹にそのまま「ー다」をつけます。つまり、基本形と同じ形です。
[例文]
語幹 + 다
행복하다 幸せだ     현실에 만족하는 사람은 행복하다. 現実に満足する人は幸せである。
싸다 安い       이 가게 정말 싸다! この店、本当に安い(な)!
있다 ある       이 화랑은 미술 애호가에게 인기가 있다. この画廊は美術愛好家に人気がある。
ー이 아니다 〜ではない 이런 사고는 이번이 처음이 아니다. こんな事故は今回が初めてではない。

【表現123】〜すると

[構文] ーㄴ다고/는다고
[解説]
「ーㄴ다/는다」に「ー고(〜と)」をつけた「ーㄴ다고/는다고」は、「〜すると」という、引用を表す表現になります。
[例文]
기다리다 待つ 백화점 정문에서 기다린다고 전해 주세요. デパートの正面で待つと伝えてください。
찍다 撮る   다음 달부터 영화를 찍는다고 발표했어요. 来月から映画を撮ると発表しました。
살다 暮らす  그는 은퇴 후에 고향에서 산다고 한다. 彼は引退後に故郷で暮らすという。

2017年4月10日 (月)

【表現122】〜する(한다体)

[構文] ーㄴ다/는다
[解説]
動詞の語幹に「ーㄴ다」「ー는다」をつけると、「〜する」という「한다体」の表現になります。
「한다体」は、日本語の「である体」にあたり、書籍や新聞、ネットの記事などの書きことばで使われます。話しことばで使われる場合は、目下の人や同年輩の親しい人に対しての、ぞんざいな言い方になります。
「ーㄴ다/는다」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後にパッチムが有るか無いかです。
[例文]
⚫️パッチム無し + ㄴ다
단죽되다 短縮される 도로가 개통되면 1(일)킬로미터 정도 거리가 단죽된다. 道路が開通すると1kmほど距離が短縮される。
⚫️パッチム有り + 는다
듣다 聞く      낮말은 새가 듣고 밤말은 쥐가 듣는다. 昼のことばは鳥が聞き、夜のことばはネズミが聞く。
⚫️ㄹパッチム(ㄹは脱落)+ ㄴ다
만들다 作る     이 칵테일은 막걸리에 과일을 섞어서 만든다. このカクテルはマッコリに果物を混ぜて作る(んだよ)。

2017年4月 7日 (金)

【表現121】〜くなりました、〜になりました

[構文] ー아졌어요/어졌어요
[解説]
形容詞の語幹に「ー아졌어요」「ー어졌어요」をつけると、「〜くなりました、〜になりました」という、変化の結果を表す表現になります。「ー아졌어요/어졌어요」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
[例文]
많다 多い     과장이 돼서 월급이 많아졌어요. 課長になって給料が多くなりました。
작다 小さい   살이 쪄서 옷이 작아졌어요. 太って服が小さくなりました。
따뜻하다 暖かい  날씨가 많이 따뜻해졌어요. 天気がずいぶん暖かくなりました。
춥다 寒い    갑자기 추워졌어요. 急に寒くなりました。

2017年4月 6日 (木)

【表現120】〜くなります、〜になります

[構文] ー아져요/어져요
[解説]
形容詞の語幹に「ー아져요」「ー어져요」をつけると、「〜くなります、〜になります」という、状態が変化することを表す表現になります。
「ー아지다/어지다(〜くなる、〜になる)」に「ー어요(〜(し)ます)」がついた形です。
「ー아지다/어지다」のどちらをつけるかを決めるカギは、語幹の最後の母音です。
[例文]
⚫️[ㅏ,ㅗ(陽母音)]+ 아져요
높다 高い  지구의 기온이 점점 높아져요. 地球の気温がだんだん高くなります。
⚫️[ㅏ,ㅗ以外(陰母音)]+ 어져요
넓다 広い  공사가 끝나면 길이 넓어져요. 工事が終わったら道が広くなります。
⚫️하다 → 해져요
약하다 弱い 그런 얘기를 들으면 마음이 약해져요. そんな話を聞くと心が弱くなります。

【表現119】〜のせいで、〜のために

[構文] 名詞 + 때문에
[解説]
名詞に「때문에」をつけると、後ろに来る内容の理由であることを表す、「〜のせいで、〜のために」という表現になります。
[例文]
사고 때문에 길이 밀리네요. 事故のせいで道が混んでいますね。
외국에서 음식 때문에 고상했어요. 外国で食べ物のために苦労しました。
전화 소리 때문에 잠이 깼어요. 電話の音のせいで目(←眠り)が覚めました。

2017年4月 4日 (火)

【表現118】〜(する)ので、〜(だ)から

[構文] ー기 때문에
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー기 때문에」をつけると、「〜(する)ので、〜(だ)から」という、理由や原因を強調する表現になります。
語幹にそのまま「ー기 때문에」をつけます。
[例文]
語幹 + 기 때문에
잊어버리다 忘れる  약속을 잘 잊어버리기 때문에 걱정이에요. 約束をよく忘れるので心配です。
시끄럽다 うるさい  옆집이 시끄럽기 때문에 이사하고 싶어요. 隣の家がうるさいので、引っ越したいです。
ー이다 〜である  4(사)학년이기 때문에 논문을 써야 되요. 4年生なので、論文を書かなければなりません。

【表現117】〜のために

[構文] 를/을 위해서
[解説]
名詞に「ー를 위해서」「ー을 위해서」をつけると、その名詞が後ろに来る内容の目的であることを表す「〜のために」という表現になります。
名詞の最後にパッチムが無いときは「ー를 위해서」、パッチムが有るときは「ー을 위해서」をつけます。
[例文]
외국인을 위해서 안내서를 번역해요. 外国人のために案内書を翻訳します。
목표를 위해서 노력하고 있어요. 目標のために努力しています。
세계 평화를 위해서 건배! 世界平和のために乾杯!

2017年4月 3日 (月)

【表現116】〜(する)ために

[構文] ー기 위해서
[解説]
動詞などの語幹に「ー기 위해서」をつけると、「〜(する)ために」という、行動の、目的を表す表現になります。
語幹にそのまま「ー기 위해서」をつけます。
[例文]
語幹 + 기 위해서
배우다 習う  재즈 댄스를 배우기 위해서 미국에 가요. ジャズダンスを習うためにアメリカに行きます。
잡다 捕らえる 범인을 잡기 위해서 감시하고 있는 것 같아요. 犯人を捕らえるために監視しているようです。
알다 知る   역사를 알기 위해서 사극을 봐요. 歴史を知るために時代劇を見ます。

2017年4月 2日 (日)

【表現115】〜(する)のが

[構文] ー기(가)
[解説]
「ー기」に助詞「ー가(〜が)」がついたもので、後ろには、「좋다(よい)」、「싫다(嫌だ)」、「편하다(便利だ、楽だ)」、「쉽다(易しい、簡単だ)」、「어렵다(難しい)」、「힘들다(大変だ)」などの形容詞が用いられます。助詞「ー가(〜が)」は省略されることが多いです。
[例文]
틀리다 間違える   한자를 틀리기(가) 쉬워요. 漢字を間違えやすいです。
살다 住む      이곳은 살기(가) 좋은 곳이에요. ここは住みよいところです。
나가다 出かける   나가기(가) 싫어요. 出かけたくありません。
따라가다 ついていく 수업을 따라가기(가) 힘들어여. 授業についていくのが大変です。

2017年4月 1日 (土)

【表現114】名詞化語尾 〜(する)こと

[構文] ー기
[解説]
「ー기」は、動詞などの一部の用言について、その用言を名詞化します。
語幹にそのまま「ー기」をつけます。
[例文]
語幹 + 기
쓰다 書く  쓰기 書くこと
읽다 読む  읽기 読むこと
더하다 足す 더하기 足し算
걷다 歩く  걷기 歩くこと
달리다 走る 달리기 競走
크다 大きい 크기 大きさ
먹다 食べる 식은 죽 먹기 冷めた粥を食べること(たやすいこと)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »