« 【表現133】〜(する)んです(よ)、〜なんです(よ) | トップページ | 【表現135】〜(し)たのか、〜だったのか »

2017年5月 2日 (火)

【表現134】〜(する)のか、〜なのか

[構文]ー는지/ㄴ지/은지
[解説]
動詞や形容詞などの語幹に「ー는지」「ーㄴ지」「ー은지」をつけると、「〜(する)のか、〜なのか」という、間接的な疑問を表す表現になります。
動詞や形容詞などの現在連体形に「ー지」がついた形です。
[例文]
⚫️動詞・存在詞の語幹  + 는지
가다 行く    거기까지 어떻게 가는지 가르쳐 주세요. そこまでどのように行くのか教えてください。
없다 ない    다친 데는 없는지 잘 보세요. けがしたところはないのかよく見てください。
⚫️形容詞・指定詞の語幹 + ㄴ지/은지
좋다 いい    언제가 좋은지 물어볼까요? いつがいいのか聞いてみましょうか?
ー이다 〜である 가격이 얼마인지 알아볼게요. 価格がいくらなのか調べますね。

« 【表現133】〜(する)んです(よ)、〜なんです(よ) | トップページ | 【表現135】〜(し)たのか、〜だったのか »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65225040

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現134】〜(する)のか、〜なのか:

« 【表現133】〜(する)んです(よ)、〜なんです(よ) | トップページ | 【表現135】〜(し)たのか、〜だったのか »