« 【表現138】〜しよう | トップページ | 【表現140】〜の? »

2017年5月22日 (月)

【表現139】〜しろ、〜しなさい、〜してね

[構文]
陽母音語幹 + 아라
陰母音語幹 + 어라
하다 用言 + 해라
[解説]
ー아라/어라は、「〜しろ」「〜しなさい」「〜してね」という한다 体の命令形語尾です。
ー아라/어라には、日本語の「〜しろ」だけではなく、親族など親しい関係での会話で「〜してね」や「〜しなさい」に近いニュアンスがあります。
한다 体の禁止の命令表現「〜しないで、〜するな」はー지 마라ですが、ー지 말아라もよく耳にします。
(例)수업에 늦지 마라(=말아라). 授業に遅れないで。
[例文]
받다 → 받아라 受け取れ
풀다 → 풀어라 解きなさい
조심하다 → 조심해라 気をつけろ
비 온다. 창문 닫으라. 雨、降っているよ。窓を閉めなさい。
학교에 늦겠다. 빨리 밥 먹어라. 学校に遅れるよ。早くご飯食べなさい。
감기 걸리겠다. 코트 입고 가라. 風邪をひくよ。コートを着て行きなさい。
넘어지겠다. 조심해라. 転ぶよ。気をつけてね。
전화 왔다! 전화 받아라. 電話が鳴っているよ。電話に出て!

« 【表現138】〜しよう | トップページ | 【表現140】〜の? »

表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2498/65314455

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現139】〜しろ、〜しなさい、〜してね:

« 【表現138】〜しよう | トップページ | 【表現140】〜の? »